2013.05.16
design

デザインがピカイチなオフィシャルサイト 5.5選

有名な俳優や歌手などのオフィシャルサイトでオシャレなものを集めてみました。

すごく有名でも意外とオフィシャルサイトがなかったり、デザインも際立つものでなかったり・・・
いろいろ事情があるようです。

そんな中、ピカイチなデザインで見る側を楽しませてくれる有名人のオフィシャルサイトを5個(5.5個)ご紹介。

Leonardo Dicaprio(レオナルド・ディカプリオ)

http://www.leonardodicaprio.com/
Leonardo Dicaprio
誰もが知っているレオ様。
このサイトは画面全面にどーんとデザインされています。
インパクトがありますね。

ヘッダーがあって、その下に2カラム、3カラムと分けるのは一般的ですが、画面全体を5カラムに分けるのは斬新ですね。
初めて見ました。
サイトの動き、構造も他のサイトでは見ることができないクリエイティブな作りになってます。
ぜひ一度見てみて下さい!

P!nk(ピンク)

http://www.pinkspage.com/us/home
P!nk
知る人ぞ知るパワフルシンガーのピンク。
個性派な彼女のサイトもインパクトがあります。

画面全体に写真というのもインパクトを出しますが、P!NKの文字(ロゴ)が画面中央上部にあって、背景に透かしており、背景写真がスクロールしてもそこに固定されている、というのが一味違うな・・・と思いました。

こういうちょっとした遊び心がいいですね。

Taylor Swift(テイラー・スイフト)

http://taylorswift.com/
Taylor Swift
同じく画面全体に写真があります。
画面トップの画像は横に写真がスライドするのに、サイト自体は上下のスクロールで動く仕様。
上下左右とダイナミックに動きがあるサイトです。

上下のスクロールでページ全体が1つのファイルだと、静的なHTMLで作ることしか思いつかなかったけど、動的で作っていてしかもコンテンツが豊富にあるサイトでできるものなんだな…と改めて固定観念にとらわれている自分に気づかされました。

Emma Watson(エマ・ワトソン)

http://www.emmawatson.com/
Emma Watson
可愛らしいエマの写真がどーんと出てくると思ったら、意表を突かれたかんじです。
名刺みたいなウェブサイトです。
何か物足りなさを感じるのですが、名刺風のウェブサイトというアイディアはどこかで使えそうな気がします。
白とブルーの色使いとシンプルさが洗練された印象を与えてくれます。

Christina Aguilera(クリスティーナ・アギレラ)

http://www.christinaaguilera.com/us/home
Christina Aguilera
サイトの見た目はP!nkやTaylor Swiftのサイトと似ているのですが、色づかいが逸品です。
ガーリー系やベビー系のサイトを作ったりするときにいいですね。
Webデザインをするとき、サイトの構造ではなく、色の組み合わせだけを参考にすることも多いです。

そしてクリスティーナ・アギレラは香水のブランドをプロデュースしているらしく、
その香水のウェブサイトがオシャレすぎます!!
http://perfumes.christinaaguilera.com/
Christina Aguilera

真っ赤な背景。サイトの構造はシンプルですが、細部にまでこだわりが感じられます。
そして何よりこの香水のボトルがかわいすぎる!!とちょっと興奮してしまいました。

日本の俳優や歌手は独自のオフィシャルサイトがある人はあまりいないようですね。
アメブロや所属事務所の中のブログをオフィシャルサイトにしているのがほとんどのようです。
そんな中でも見つけたサイトもありますので次の機会に書きます。

関連する記事

コメントをどうぞ

技術的なサポート、質問等にはお答えできない場合もございます。
また、現在更新頻度はかなり低めですので、返信できたとしてもかなり遅くなる場合があります。
ご理解くださいませ。


以下のHTMLタグが使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

*


おすすめの本
ネットで調べればなんとかなる!という時代ですが、良い本にめぐり合い、基礎をきっちり固めることで応用がきくテクニックを身に着けることができます。もっと上達したい人におすすめの本をいくつかご紹介します。
TO TOP